ジェットスター・ジャパンはリーズナブルに利用ができる特徴がある

節約したいときはジェットスター

ジェットスターの飛行機

できるだけ安く旅行を楽しみたいと感じたときにジェットスター・ジャパンを利用しました。
航空券は高いから飛行機を利用する旅行は難しいだろうと感じていましたが、ジェットスター・ジャパンはリーズナブルに利用ができる特徴があるので少ない予算でも旅行を諦めずに利用することができました。
旅行を自分で組み立てることができるので、パッケージの旅行を利用するよりも自分の好きなように旅行をアレンジをすることができました。
飛行機の費用を抑えることができた分をホテルを少し豪華なものにすることができたり、予定に合わせて行動をしやすいプランを自分なりに考えることができてワクワクしながら旅行の計画を立てることができたことが良かったです。
ジェットスター・ジャパンはコストを抑えてくれているから、気軽に利用することができてとっても便利でした。
他の航空会社だったら予算の範囲内で旅行をすることは難しかったと感じます。
ジェットスター・ジャパンは時間通りに運行をしてくれてスムーズに旅行を楽しむことができました。
大阪から沖縄の路線を利用しましたが、快適な空の旅を楽しむことができて居心地も良かったです。
シートなどどのようなものなのか利用する前は不安に感じましたが、ゆとりがあって不満に感じる点はありませんでした。

ジェットスター・ジャパンは価格の安さが特徴なので、お得に旅したい時におススメ

空港カウンター

これまで関西方面に行く必要のあるときには東京から新幹線で移動することが多かったのですが、成田空港から関空までジェットスター・ジャパンを初めて利用してみることになりました。
成田空港はこれまで海外便しか利用したことがなかったのですが、成田空港第二ターミナル駅からLCC専用の第三ターミナルまでは専用のバスを使って移動します。
でも、歩いていくこともできるとあったので、初めて利用するので物珍しさもあって第三ターミナルまで通路を歩いて移動することにしました。
大阪へは日帰りで済む用事なので、荷物もごく少なくそのまま普通に歩いていけばよいのだと思ったところ、これがけっこう距離がある上、冬だったので完全に密閉された空間ではなく半分外気にさらされるような状態の通路はけっこう寒い感じがしました。
途中で休めるようにベンチが置いてあったりしますが、さすがはLCC専用とあって、あまりコストはかけずに作られているイメージの通路でした。
預ける荷物もないので早めにチェックインを済ませようとしたのですが、私のチケットは機械でチェックインできないものだったので有人カウンターを利用するためにかなり長い列に並ばされる羽目になりました。
LCC専用の第三ターミナルは体育館かのような床と倉庫のような天井というイメージで、成田空港の他のターミナルや羽田空港のイメージからはかなりかけ離れた無駄を省いて徹底的にコストダウンしたという雰囲気がひしひしと伝わる感じでした。
それでも安さが特徴のジェットスター・ジャパンだけあって、成田空港から関空までの片道運賃が約6000円という、これまでの自分の常識ではとても考えられない価格設定には、はっきり言って涙が出るくらいの嬉しさでした。
預ける手荷物もなくごく身軽ないでたちの私はチェックインを済ませれば時間にもゆとりがあったので、軽くコーヒーなど飲みながら、出発時間を待つことにしました。セキュリティーチェックを通過したら、乗る予定の飛行機まではバスで移動します。
飛行機に乗り込むとこれまで乗った一般の航空会社の飛行機に比べるとやはりかなり狭く感じる機内でした。
通路を挟んで両側に3列ずつのシートが並んでおり、手荷物は頭上のボックスに自分で入れて、席は一番通路側だったのですが、すでに隣の二人の乗客は座っていたので安心して自分の席に着きました。
シートのサイズも心なしかコンパクトな感じで、私自身もお隣の2席に座る人もごく一般的な日本人体型の人だったので特に不都合はなかったのですが、同じ便に乗る予定の人の中に明らかに普通のシートに収まるのは難しいのでは・・・と思われる体型の人が乗っているのがずっと気になっていました。
どうやらその人は一番前のシートに座ったようで、隣にはどんな人が座るのかと思っていたのですが、たまたまなのか、それとももともと二席分の座席を確保していたのかお隣は空席でした。
空席というよりも明らかに2席、いや、正確には1.8席分くらいは占領しているような感じの座り方で、実際にこの人はいくら航空運賃を支払っているのだろうかととても気になって仕方がありませんでした。
自分の席に座って機内販売のパンフレットを見てみると、さすがにすべて有料だからか機内販売はかなり充実している感じで、私は物珍しさもあって再びコーヒーとパウンドケーキのようなものを注文し、合わせて550円でした。
お隣の席の人はチケットに500円分のクーポン付だったとかで、差額を少しだけ足してやはりコーヒーと甘いものを注文していました。
この席の感じで10時間以上のフライトとなればちょっと窮屈に感じるかもしれませんが、大阪までで、しかもこれだけリーズナブルな料金で乗れるのなら、全く気にならない程度の十分なすわり心地と広さでした。